人探し方法

こちらは「人探し方法」を研究するサイトです。

【最終更新日】

行方不明者の結末



【民家で発見】石川県能登町、行方不明だった女子高校生が見つかるも死亡していた。
能登女性遺体・事件。

石川県能登町宇加塚の民家で平成29年3月10日夕方から行方不明だった県立能登高校1年の女子高生・池下未沙(いけしたみさ)さんが殺害され遺体で見つかる殺人事件があり、池下未沙さんを高校近くで連れ去り殺害した疑いがある男子大学生(名前非公表)が国道470号・能登自動車道(能登道)で車に飛び込み自殺を図って死亡しました。


昨日石川県で女子高生殺されたとのニュース見たけど、高校一年生ってうちの長女と一歳しか変わらないまだ子どもなのに…なんで男に殺されなきゃあかんのよ…親からしたら無念としか言えないよな…

日本の行方不明者は毎年10万人います。

手遅れになる前に探し出す必要があります。

このサイトには様々な人探しの方法をお伝えしていますので参考になさってください。
1日でも一秒でも早く見つかることを願っております。


無料の方法の一例 自分ひとりで自力で人を探し出す方法

有料の方法の一例 人探しを有料で依頼すると料金はどのくらい?探偵事務所を比較しました。


生命の危険性がある人を探しているのならは急いで下さい。

事件事故に会っている可能性が高いなら、すぐには警察に相談して下さい。

警察への相談方法 警察所への捜索願の届け方

事件事故の確証がないと警察は動いてくれません。 しかし、命が危ないと考えている方は探偵事務所・興信所に
相談して下さい。


あなたが大切に思っている命がなくなれば、もう二度と再会できません。

一日でも早い行動が命を救います。
一秒でも早く、探し出して命を守って下さい。
あなたが探してくれるのを待っています。


↓【解決四万件】 【40年の実績】の探偵事務所で無料相談↓
人探し・家出


【関連記事】

「もう二度と会えないかもしれない・・」

家出人を探し出す方法:人探し方法研究所

自分ひとりで自力で人を探し出す方法 :人探し方法研究所

お金を貸した人を探し出す方法:人探し方法研究所

インターネットを使って人探しをする方法:人探し方法研究所


「警察は協力してくれる?」

警察所への捜索願の届け方:人探し方法研究所

なぜ警察は動いてくれないのか?動かない理由。:人探し方法研究所

結局 確実に見つけるにはどうすれば良いのか?:人探し方法研究所


「興信所や探偵事務所ってあやしくない!? 信用できるの?」

探偵事務所・興信所っ本当に探し出してくれるの?:人探し方法研究所

探偵事務所・興信所選びで失敗しない方法:人探し方法研究所

探偵事務所・興信所の費用・料金の相場:人探し方法研究所

大手の探偵事務所・興信所の比較をしてます。:人探し方法研究所

探偵事務所の体験談「3日で見つけてくれました。」評価・口コミ・評判:人探し方法研究所

人探しの前にはこれ。「一刻も早い発見のために!」捜索願を出す前に。

このサイトでは人探しの方法をお伝えしていますが、多くの人が陥りやすい
落とし穴について、まず書いておきます。

 

発見の可能性を最大限に上げたいのでしたら、
捜索願を出す前にしておくことがあります。
これをするのとしないのでは後で大きな差が生まれます。

 

おそらく、ご家族・友人などが突然いなくなって動揺されていると思います。
まずは、深呼吸しましょう。
人探しには冷静さが不可欠です。
感情に任せて動いてしまってはも不効率なばかりか、感情に流されて不安な気持ちが
増幅されてしまいます。
不安でこころが押し潰されてしまうと人探しどころではありません。

 

「絶対に見つかる!」という希望の炎を燃やしながらも、
感情は冷静でいることが捜索・探索の継続には不可欠です。

 

一番大事なのは本人の情報です。

 

↓本人の情報を伝えて捜索の相談する↓
人探し・家出

 

発見の可否につながるのも本人の情報が大きな影響を与えます。

 

警察に今すぐに捜索願を出した気持ちは分かりますが、
まずは本人の情報を整理します。
警察に出向いてからでは
滅多にない特殊な状況下で緊張してしまいます。
大事な本人の情報が出てこないこともありますし
頭が混乱して正確な情報を伝えることができません。

 

一刻を争う状況ですが、正確・確実な情報がなければ捜索は困難を極めます。
ですから、警察に捜索願いを出す前に自宅で情報の整理をオススメします。
冷静な判断で情報を集めることで発見の確率が最大限に高まります。

 

人間の記憶ほど当てにならないものはありません。
以下にあげた本人の情報をぜひ
メモやノートに書き留めてください。
警察で捜索願いを申請するときにも役立ちますし、
また文字にすることで客観的になれるので本人の情報を検討・判断しやすくなります。

【捜索願】を出す前に本人の情報をメモやノートにまとめておく

本人の書き置きや携帯等からの情報がないか調べる。

もしかしたら、書き置きをどこかに残してあるかもしれません。本人の部屋・自宅内を
くまなく探しましょう。また最後のメッセージをメールで送っているかも知れません。
パソコン・携帯・スマートフォンと全てのデバイスでメールをチェックしましょう。
また、携帯を置いて出ていったのなら、一番最近のメールや通話履歴をチェック。
友人の通話履歴があるのなら電話をかけて、事情を説明して手がかりがないか
聞いてみます。

 

最後にいつ見かけたのか。何を話したのか。様子はどんなだったのか。

これらの記憶は薄れやすいので、いますぐに書き留めておいてください。
本人捜索の重要な手がかりになります。普段と違った様子はなかったか。
普段と異なったことは話さなかったかを冷静になって思い出してください。
どんな服を着ていたかなども探索の手がかりになります。

 

失踪につながる原因を考える。

最近の様子を思い出してみます。喧嘩をしていたか。落ち込んでいなかったか。
うつ状態になっていなかったか。
友達・友人とうまく行っていたか。仕事にミスや失敗などはなかったか。
恋人と別れ話など何かなかったか。気になる点は些細なことでも
全て隈なく書き出しましょう。小さなことが大きな手がかりにつながることがあります。

 

行きそうな場所を書き出してみる。

本人の行きそうな、寄りそうな場所を全て書き出してみましょう。
公園・友人宅・恋人宅・会社・ファーストフード店・親戚宅・趣味の店・・。
自分たちで探す時にも非常に役に立つ情報となります。

 

 

記憶を文字にすることで情報が明確になりますので
いち早い発見にもつながります。

 

ノートやメモに行方不明になった本人の情報がまとまったら
「捜索願」を警察で申請しましょう。

 

→警察所への捜索願の届け方はこちら

 

 

行方不明者・失踪者・家出人の事情はそれぞれ異なります。

「人探し」 とは言っても、行方不明者・失踪者のそれぞれ状況が異なります。
大きく分けると2つに分けられます

 

@自らの意志で失踪・逃亡されている場合

 

 ▼借金
 ▼夜逃げ
 ▼浮気・不倫
 ▼感情のもつれ
 ▼いじめ
 ▼喧嘩
 ▼うつ(鬱)
 ▼駆け落ち

 

 

A事件・事故に巻き込まれた、または巻き込まれている可能性が高い場合

 

 ▼誘拐
 ▼交通事故(ひき逃げ等)
 ▼拉致・監禁
 ▼遭難
 ▼行方不明(川・海など)
 ▼病気(脳梗塞などが発病して意識不明など)

 

@の場合は基本的に警察は動いてくれません。
捜索願の届け出は可能ですが、基本的には民事の範疇ですので(警察には民事不介入の原則がある) 
積極的に探しだしてくれるのを期待できません。

 

Aの場合で事件性が高いと判断されるのであれば警察は積極的に動いてくれます。
しかし確実な証拠がないと(誘拐したと犯人から電話があったや山での遭難等)難しい場合もあります。
実際のところ、警察は事件が起きてからでないと動きません。
ストーカー殺人事件などでご存知かもしれませんが、何度も警察に届けているのに
ストーカーが止まず、最終的に殺害に至ってしまうケースもあります。
このように、事件性がありながらも警察がしっかりと動いて探し出してくれる保障など
どこにもないのです。警察の不祥事がみられるように、警察とはいえ一人の人間ですから、
全面的に信頼をよせることはできません。

 

警察に協力を要請するのに加えて、自分たちの力でも探すことも絶対に必要です。

 

自分ひとりで自力で人を探し出す方法
ネットを使って人探しをする方法

捜索力・調査力・探索力 × 人数 = 発見力 これを高めれば発見につながる!

「いなくなった・・。どうしよう・・。」その時に見過ごしがちな大切なこととは。

 

それぞれのパターンに合った人探しの方法がありますので
最大限に発見につながる捜索・調査方法で臨みましょう。

 

見出し 最大限に発見の可能性を高めるには・・。

 

いち早く発見をしたいのなら、この数値を最大限にする必要があります。

 

捜索力・調査力・探索力 × 人数 = 発見力

 

この発見力が高まる程、発見の期待・確率が高くなります。

 

それではどうしたらこの発見力を高めればよいのでしょうか?

 

まず

 

捜索力・調査力・探索力を高めるには

 

ご家族・ご親族・ご友人等がいなくなって動揺されていると思います。当然です。
こんな初めての経験で冷静になれという方が難しい。

 

「事故にあっていたら・・。」
「何でもないと祈りたいけど・・。」
「もう二度と会えないのでは・・・・。」

 

こんな時は冷静な対処が出来ないものです。みなさん一緒です。
ゆっくりと深呼吸をして落ち着きましょう。

 

まずは自分が焦っていると自覚してください。そうすると自然と冷静になれます。

 

「なぜ自分は焦っているのか?」
「何故 冷静でいられないのか?」

 

少し考えてみてください。

 

自問自答することで、自分を客観視でるのです。
悩んでいる自分を、空の上から見下ろすように感じて下さい。

 

「少しは冷静になれましたか?」

 

ここで冷静になれないと、探し出せる可能性が大幅に低くなります.

 

それは探し方・調査の仕方の方向性を誤る可能性が大きいからです。
本人の足取りをつかむためには、本人の状況・持ち物・性格などを
正確に冷静に判断する必要があるからです。

 

せっかくの重要な証拠・手がかりでも、見落としてしまっては
行方不明者の発見は不可能です。

 

間違った方法・方向で人探しを始めてしまうと「発見」にはたどり着けません。
せっかくの努力がまったくの無駄になるばかりが、発見も大幅に遅れてします。

 

発見が遅れることで生命・人命の危険が激増します。

 

まずは本人の情報を整理して書き出してみましょう。
・いつ、いなくなったか。
・最後にどんな会話をしたか。
・最近悩んでいる様子はなかったか。
・どんな服を着ていたか
・所持金はどれくらいか。
・立ち寄る場所はどこか。
・泊まる場所はどこか。
・事件、事故につながる出来事が最近あったか。

 

本人の気持ちを想像して今どんなふうに思っているか
を考えてみます。

 

これを考えることによって、本人の気持ちに近づくことで
「捜索力・調査力・探索力」を高めることができます。
やみくもに探すのではなく、
本人の気持ちになって想像することで、どこを探したらいいのか、
どのように探したらいいのか、が浮かんできます。

 

プロの捜索力・調査力・探索力は素人には真似できませんが、
本人の気持ちを想像することに関しては
家族や友人の方が優れています。

 

その家族と友人のメリットを十分活かしましょう。

 

それで足りない部分はプロに依頼することもできます。。

 

 

 

それから 人数ですが
これは単純にたくさんの人の目があった方が見つかる可能性が
高まります。

 

友人・知人・家族・親戚に協力を得られるのならば、支援を頼みましょう。
きっと親身になって一緒に探してくれる方も現れるはずです。
もう一つの選択肢としてプロ(探偵事務所・興信所)に
頼むこともできます。またネットを利用するのもひとつの手段です。

 

→ネットを使って人探しをする方法

 

 

探してくれる人が増えれば増える程「発見力」は高まります。

 

 

 

このサイトでは

 

自分一人で自力で探す方法
人に頼って探し出す方法と
大きく2つに分けて解説しています。

 

「最後まで諦めないで、必ず、発見しましょう。」

 

平成20年度には
捜索願の届け出がされた行方不明者・失踪者・家出人の方は7万8688人。
届け出を出されない方もいるので実際にいなくなった方は年間十万人以上でしょう。
これだけの方がいなくなっています。

 

 

「あの時 探しておけば良かった・・・。」

 

後悔のないように。

 

 

↓後悔する前に相談をしてみる↓
人探し・家出

 

結局、どこの探偵社・興信所がいいの??

自分にあったところを探すにはこちらから

→大手の探偵事務所・興信所の比較をしてます。




【関連記事】

結局 確実に見つけるにはどうすれば良いのか?

→探偵事務所・興信所の費用・料金の相場

→探偵事務所・興信所選びで失敗しない方法

→大手の探偵社・探偵事務所・興信所の比較をしてます。