人探し方法プチ家出人

プチ家出人を探し出す方法

プチ家出ですと一時的な場合が多く、帰ってくる可能性が高いのですが、
万が一の場合は、事件・事故に巻き込まれていることもありますので
心配でしたら様々な方法を検討します。

 

まずは深刻な状況ではないと仮定すると以下の方法を検討します。

 

 

・友人、知人に聞いてみる

 

中学生・高校生などは働いていないので仕事関係のつながりはなく
交友関係が比較的狭く学校中心ですので
家出をした人は友人・知人・同級生・先輩・後輩を頼る場合が多いです。
まずは泊まるところが必要ですのでお金のかかるホテルよりは
無料で泊めてくれる友人・知人宅を転々とする方法を取る場合が多いです。
あなたが知っている子供の親しい友人・知人に連絡をとってみましょう。
家出人をかばって、「泊まってない。」などと嘘の証言をする友人もいますので
注意してやりとりを観察しましょう。怪しいと思ったら日をあけて
継続的にアプローチすることで発見につながります。
そもそも金銭的に余裕がある場合は少ないので距離的に
遠くに移動することはまれです。

 

 

・ネットで名前を検索してみる

 

ネット上に個人情報が出回っている場合がありますので、探している人の「名前」を検索してみましょう。
個人情報に敏感になっている方が多いので正確な住所を公表している方は少ないとは思いますが、
大まかな情報はつかめるかも知れません。例えば、町の名まではわからなくても、〇〇区や△△市など
市区町村名までは特定できるかも知れません。市町村名が特定できたなら、その後の探索の範囲が大幅に縮小されます。

 

 

・メールを送ってみる
家出人にメールを送るのもひとつの方法です。
相手がメールアドレスをブロックしているのならば無効ですが
実は家出人もメールを待っている場合があります。
本当は家に帰りたいのに
自分から飛び出した手前、自分からは家族へ連絡できずに
いる場合があるからです。そんな心情を察してあげてこちらからメールを
送ることで相手の心を受け止めてあげます。

 

「心配しているよ。」
「気持ちを分かってあげられなくてごめんね。」
「帰ってきていいんだよ。」

 

家出人の気持ちをほぐしてあげてください。

 

 

・電話を継続的にかける。
これもメールと同じで有効な手段です。
一時的な家出ならば、数日立つと家出人も
「もう、帰りたい」と思っているはず。あまりしつこくない程度に
電話を継続的にかけることで
「あなたのことを思っているよ。」というメッセージになります。
家出人の帰りたい気持ちを責めないで
受け止めてあげて下さい。

 

「つらかったね。帰っておいで。」

 

 

 

それでも家出人が帰って こない場合

 

「事件に巻き込まれているのでは・・。」

 

「事故にあってはいないだろうか・・。」

 

素人ではどうしても探し出す方法に限界があります。

 

行き詰まったらプロの手を借りるのもひとつの方法です。

 

 

「素人では限界があるので、手遅れになる前に無料でプロに相談する↓」
人探し・家出

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局、どこの探偵社・興信所がいいの??

自分にあったところを探すにはこちらから

→大手の探偵事務所・興信所の比較をしてます。




【関連記事】

結局 確実に見つけるにはどうすれば良いのか?

→探偵事務所・興信所の費用・料金の相場

→探偵事務所・興信所選びで失敗しない方法

→大手の探偵社・探偵事務所・興信所の比較をしてます。